スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
退院のお知らせ及びご協力終了のお願いです(*- -)(*_ _)ペコリ
- 2007/10/23(Tue) -
シュウは一通りの検査を終え20日に退院致しました。

病名の検査結果が分かりやはり当初言われていました
「自己免疫性貧血」でした。

その原因を調べる為骨髄そのものを採取して結果が分かるのは
10日後との事です。

原因が分からないと本格な治療に入れない為、今現在シュウの
状態が落ち着いているとの事でお薬はビタミンB12と
鉄剤を1日1回服用して、もし10日までの間に少しでも変化が
見られたらすぐ病院に行く事になっています。

今現在のシュウの様子なのですが全く食べなかったご飯も
今は体全体で喜びを表してくれ毎回美味しそうに完食してくれています。
そんな1つ1つの事がとても嬉しいです。

お願い致しておりますワンちゃんなのですが皆々様のご協力により
先日2頭のワンちゃんに病院でクロスマッチテストを行なって頂きまして
2頭共に適合致しました。


取り合えず今現在は緊急の輸血は必要ないとの診断で
今後はシュウの経過を診ていきながら輸血の必要が認められたら
その際はお願いするという形をとらせて頂けたらと思います。

従ってここで一旦お願い致しておりますワンちゃんのご協力
を終了させて頂く事に致しました。

ですがこの先又、供血をお願いする事もあるかとは思いますので
その際は何卒宜しくお願い申し上げます(*- -)(*_ _)ペコリ

皆々様
本当に本当にありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
心より感謝致しております(*- -)(*_ _)ペコリ

検査の結果が分かり次第又ご報告させて頂きたいと思っております。
この記事のURL | 未分類 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
近況報告及び修正のお願いです(*- -)(*_ _)ペコリ
- 2007/10/20(Sat) -
温かいコメントを下さった皆様・お知り合いの方にお声をかけてくださって
います皆様・ご協力をして下さった皆様・リンクをして下さった皆様
大変嬉しく感謝致しております。
本当にありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

本来ならばお一人お一人にお礼を延べさせて頂きたいと思っているのですが
今、大変忙しく動いておりその様なお時間を取る事ができません。
なのでこの場をおかり致しましてお礼の言葉とさせて頂きます事を
ご了承下さい(*- -)(*_ _)ペコリ

シュウの今現在の状況ですが今も検査の為入院しています。

シュウの状態は今は取り合えず落ち着いていて当初、言われていました
1週間以内の輸血の必要はなくなりました。
昨日は一昨日より力のある目になっていました。
ご飯も毎回完食しているそうです。

でもまだまだ油断はできない状況です。

そしてお願い致しますワンちゃんの条件が1つ加わりました。

・ご自宅から病院まで車で30分位。

この条件はシュウの今後の最悪の状態を考えまして病院と私共
両方の希望によるものです。

尚、最悪の状態になっていない場合でも輸血が必要になった場合
の事も考えており多少遠方の方へのご協力も引き続きお願いする
所存でおります。

引き続き皆様のお力添えを何卒宜しくお願い致します(*- -)(*_ _)ペコリ

リンクして下さっています皆様、大変申し訳ございませんが
条件が加わった旨を付け加えて頂きます様何卒宜しくお願い致します(*- -)(*_ _)ペコリ

全て一段落致しましたら又ブログにてご報告させて頂きたいと思います。

この記事のURL | 未分類 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
供血のお願いです(*- -)(*_ _)ペコリ
- 2007/10/18(Thu) -
突然ですがシュウに供血をご協力して下さる方を探しています!!!

↓の「アレルギー続編」と題しての記事内容を読んで頂ければ
シュウの状態がお分かりになって頂けると思います。

かかりつけの病院の先生からの紹介で昨日シュウは
その道の一人者と言われている先生の所に検査の為行ってきました。

まだ検査結果を待たないとはっきりとした病名は分からないのですが
「自己免疫性貧血」の疑いが高いとの診断で緊急に輸血をしなければ
あと3日の命と宣告されました。

幸い病院のワンちゃんと血液が適合して輸血する事ができシュウの
命が助かる事ができました!!

でもこれは一時なもので又1週間以内に輸血が必要との事です!!

今後もシュウは輸血が必要になります。

その為少しでも多くのワンちゃんにご協力をお願いする事が
できましたら・・・と思っています!!

ご協力をお願い致しますワンちゃんの条件の詳細です!!

・大型犬

・オス・メスどちらでも可

・体重20㎏前後

・年齢3歳以上7歳まで

・できましたらフィラリアの摂取をしているワンちゃん

・病院に来て下さる方

病院

埼玉県蕨市塚越1-5-7

小林犬猫病院

尚、病院でかかります費用につきましては全額こちらで
負担させて頂きます。

皆様のお力添えを何卒宜しくお願い致します(*- -)(*_ _)ペコリ
この記事のURL | 未分類 | CM(23) | TB(0) | ▲ top
見に来て下さっています皆様へ。
- 2007/10/15(Mon) -
突然で申し訳ありません(*- -)(*_ _)ペコリ

諸事情により暫らくの間ブログをお休みさせて頂きます。

再開のめどは今の所全く分かりません・・・・。


ルイの目と題しての記事にコメントして下さった皆さん
ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
お返事できなくて(*_ _)人ゴメンナサイ。
この場をお借り致しましてお礼の言葉とさせて頂きます(*- -)(*_ _)ペコリ
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ルイの目。。。
- 2007/10/12(Fri) -
ルイの目の事は前回の記事にも書いて毎日1日に4~5回点眼をしていたのですが
今月の7日に片方の目から赤い目やにが出てしまいました


私はすぐ診て頂いている病院に電話をして
症状と点眼薬を継続して使用して良いのかを聞きました

そして先生に聞いてくれその返答は「もう少し様子を見て頻繁に赤い目やに
が出る様なら来院して下さい。今使用している点眼薬は何も支障がないので
そのまま使用していて大丈夫です。」との事でした

そう言われても私としては赤い目やにが出た事がど~しても気になって
仕方がなく”症状をお話しして診察して下さる病院
近場にあれば・・・”と思い今シュウをお願いして診て頂いている病院
に電話をして今までの経過と今現在の症状
をお話ししてみました

すると先生の返答は「一般的な検査及び診察は可能ですけど目のアレルギー
の事となると診てみても正確に判断できるか分からない」
との事で専門もしくは目に力を入れて診察している
病院に行く事を進めてくれ私が通える範囲で病院
を教えて下さいました~

そして私はすぐ教えて頂いた病院に電話をして
10日に予約を入れて病院に行ってきました

眼圧・緑内障・眼底検査を一通り行いました
全て異常無しとの結果でした

只、眼底検査は現時点では異常はないがまだ成長過程の途中なので
あと1年経ったら再度検査をした方が良いとの事でした

やはりアレルギーの可能性大との診断結果でアレルギーを抑えるお注射
をして下さり飲み薬と軟膏を出してもらいました

お薬は錠剤で3種類が出てその内1つは粒が大きそうで
ルイに飲み込むのは無理だと判断しシュウ
の副作用の事もあったばかりだったので事情をお話してルイ
のお薬を粉末に変えて頂きました~

でもこれで安心した訳にはいかなくて1週間このお薬と軟膏で
様子を見て快方に向かえばアレルギーと断言できるらしいのですがもし
そうではない様なら今度は目の奥の病気を考えなければ
いけなくその場合の検査は大学病院になるそうです

の奥の病気となると痙攣とかの発作が出るらしいのですが
今までルイはその様な症状は1度も出た事が無いので
私的にはおそらく目の奥の病気は無いのではないか・・・
とは思っています

とは思うものの万が一の事を考えると目の奥の病気
ではない事を祈るのみです

先生に診察の時点で「いつ頃からこの様な状態なのですか
と聞かれたので「生後2ヶ月からです。」と答えると先生は
「ルイちゃんの目はおそらく
その頃からかもしくはその前からアレルギーになっていた
可能性が高いです。」と言っていました

1週間経過したらルイの目の状態を診せに
きてくださいとの事で取り合えずあと1回教えて頂いた病院
で診察して頂く予定でいます

アレルギーだと断定できたら今後の治療は家の近くの病院
でも大丈夫だと言うお話しでした~

ルイもシュウと同様、今後はお薬をその都度
症状に合わせてコントロールしていく事になります
治っては再発という事を度々繰り返す様ならその時はアレルギーの検査
をお勧めしますと先生にも言われました

なので今後ルイの経過を見ていきながら検討して
いきたいと思っています

ちなみにルイは検査中も痛いお注射
鳴く事もなく、とってもお利口さんで大人しくしていました~

ルイの目は私自身以前からずーと気になって
いたのでまだ安心はできませんが今回検査をした事により先が見えて
きたのでシュウ同様その様な意味では「ホッ」としています

シュウだけではなくルイまでも・・・
と思うと本当に可哀想でしょうがないのですがこれが現実なのだから
今後、完治は難しいとは思いますが少しでも改善される様に頑張って
お世話をしていこうと思っています

DSCN5445.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。